いぼの種類を把握して予防しよう|効果的な治療法とは

いぼが出来やすい場所とは

男女

首や顔に出来てしまうと、非常に気になってしまうのがいぼです。実はいぼには出来やすい部位と出来にくい部位があることは知っていましたか。非ウイルス性のアクロコルドンやスキンタッグ、老人性いぼなどは首や顔に発生します。理由として、これらのいぼが出来やすい原因が紫外線となっているからです。どうしてもこの部位については、紫外線対策を行なうのが難しくなっているので、非ウイルス性のいぼが出来やすくなってしまいます。それに対して、ウイルス性のいぼは皮膚が薄い部位や皮膚に負担がかかりやすい部位に発生しやすいと言われています。これには、肌のバリア機能が関係しています。皮膚が厚いほど、外部からの刺激は強くなります。当然ながらそれはウイルスに対する抵抗力も同じになります。そのため、首や顔、足の裏などは特にいぼが出来やすい部位になってしまうでしょう。もちろん他の部位に出来ることもあります。もし、皮膚が少し膨らんだように感じたり、何かしらの違和感があったら、いぼを疑って早めに皮膚科や美容外科などの医療機関に行きましょう。そうすることで、いぼが広がってしまうリスクを大幅に軽減させることが出来ますよ。また、早期の発見と予防はいぼに関わらずに、どのような病気でも重要です。

いぼの治療を行なうにあたって、皮膚科や美容外科に行くことがあります。その際に信頼できる病院で治療を行なってもらえるように選ぶポイントをチェックしましょう。まず、皮膚科や美容外科などで重要になるのは、カウンセリングになります。このカウンセリングで不快に感じたり、違和感を覚えた場合は他のところに変更するか検討した方が良いです。また、当たり前のことですが、専門的な知識をちゃんと持っている医師がいる美容外科に行きましょう。一般の人が医師と同じような知識を得ることは非常に難しいことです。こちらの質問に対して、分かりやすく明確に根拠を持って回答してくれる医師は安心出来ます。また、医師だからといってすべてを把握しているとは限りません。医学でもはっきりと答えが出ていないこともあります。医師が分からないというと不安に感じますが、医学的に判明していないことに関してはっきりと答えてくれるのは良い医師と言えるでしょう。